| HOME | 制度の概要 | 事業者の登録基準等 | 登録事業者の一覧 | 事業者登録の方法等 | 書類のダウンロード |


やまぐち住宅リフォーム事業者登録制度

事業者の登録基準等

 1.登録の条件
 
次の全ての条件を満足すること。
 
(1) 設計を行う場合にあっては建築士事務所の登録、施工を行う場合にあっては特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律に基づく住宅瑕疵担保責任保険法人が扱うリフォーム瑕疵保険の事業者登録を受けていること。
(2) 特定商取引法の違反処分がないこと。
(3) 県内に本店、支店又は営業所を置いていること。


 2.登録事業者の責務
 
登録事業者は次の事項を遵守し、消費者のニーズに的確に応え、安心できるリフォームの推進に努めます。
(1) 「住宅リフォーム事業者倫理憲章」を事務所に掲示し、従業員への周知を図り、同憲章を遵守します。
住宅リフォーム事業者倫理憲章
依頼主の期待に応え、住み心地や資産価値が最大となるよう努める。
依頼主が適切な選択と判断ができるよう、常に正確な情報の提供に努める。
見積や契約等について誤解を生じないよう正確で分かりやすい書面により、適正な業務遂行に努める。
依頼主にとってよき相談者となり、クレーム等に対して誠実な対応に努める。
関係法令を遵守し、さらに高い品性とモラルの保持に努める。
住まいの質の向上を目指し、専門知識の修得と技術・技能の研鑚に努める。
依頼主の理解と協力を得て、健康で安全な生活環境の実現と、資源の有効利用等による地球環境保全への寄与に努める。
(2) 工事契約にあたっては、住宅リフォーム推進協議会作成の標準契約書又は準ずる書式を使用し、消費者契約法及び特定商取引法に定める契約条項の規定を遵守します。
(3) 関係法令の遵守及び技術・技能の研鑽に努めます。
(4) 山口県ゆとりある住生活推進協議会が開催する講習会を毎年受講します。
(5) クレーム等に対しては誠実、迅速に解決を図ります。


住宅リフォームのトップページへ戻る